枕元の計算用紙

ホーム

1999年7月 8月 9月 10月 11月 12月
2000年1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2001年1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2002年1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2003年1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2004年1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2005年1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2006年1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2007年1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2008年1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月

2018年8月

1日 2日 3日 4日 5日 6日 7日 8日 9日 10日 11日 12日 13日 14日 15日 16日 17日 18日 19日 20日 21日 22日 23日 24日 25日 26日 27日 28日 29日 30日 31日

15

終戦の日…二度と戦争をしたくない、と言っても日本人にはもう何もできません。

弱いダメ野党と自民党しかない。
新しくまともな野党が出ることは絶対にない…僕以外は考えることもできない。
もう、自民党が戦争をすると言えばするし、しないのならしない。
国民主権などない、自民党主権であり、官僚主権であり、検察主権であり、アメリカ主権なのです。
国民が平和を求めても無駄です。

決定的に、古い平和主義が権威と、議席を失った…それでいて、新しい勢力を出さないという仕事は完璧にやっています。
その結果、民主主義はもう完全に消え失せました。
国民は平和か戦争か、選ぶ権利などとっくにないのです。
それで平和を願う?とんでもない偽善もあったものです。

この状況を作ったのは、とことんまで自民党と護憲以外存在を許さない、政治・言論・メディアのシステムです。

非武装中立ではない、でも「国体の本義」「臣民の道」はごめんだ、という人間は、絶対に議席も取れず、活字にもならず、テレビにも出られない…ネット動画にすらいないのです。

日本全部で僕一人だという気すらします。

日本では今はあまりにも強く、朝日新聞・護憲派政党・運動に対する憎悪が満ちていて、だから自民党は完全に正しく一切批判を許さないという人がものすごい数と声の大きさになっています。

そしてどんなに衰退しても、護憲派は強いのです…自民と護憲どちらでもない存在を絶対に許さない程度に。

僕にとっては完全に絶望です。民主主義も平和も、日本人には完全に何の関係もない…少なくとも、自民信者でも護憲信者でもない僕にとっては。

14

今主流のユニットバスは根本的に間違っています。

普段見えないところがどんどん不潔になり、チョウバエが絶えない。
それを清掃するには専門業者の力が必要。

昔の、長い脚がついた陶器バスタブが防水室の真ん中に置かれている方がずっといいです。

同じように、長い脚がついたFRPのバスタブを、ちゃんと床も排水溝も見えるように、壁との隙間もモップぐらい入るぐらいつけて、誰でも清掃できるようにするべきです。

または、徹底的に密封して、絶対に水が見えないところに漏れないようにするか。といってもそれは、今のマンションの「何があっても毛髪を下水に流すな」といわんばかりのシステムが許さないんですが。

ならマンションの設計自体、大きくて簡単にメンテナンスできる髪の毛受け網を要所につけて、自動的に定期清掃するように…

13

アメリカ先住民に対する、スペインやイギリスの残虐行為の数々は有名です。

しかし、スペインの文化破壊は、イベリア半島をイスラム教徒から取り戻したレコンキスタの延長です。
そのレコンキスタそのものが、とんでもない外道のジェノサイドだったのでは?

なぜそれについては、あまり知られていないのでしょう。

12

なぜこれが見られないのか……

大都市に割と近い駅からやや離れた、安い土地に大規模マンションを建てる。
マンションから駅まで、マンション住民専用のミニ鉄道・ケーブルカー・屋根付きの自転車専用道などを設ける。
昔であれば鉄道やケーブルカーも人力、技術が進んでからは電力。

メリットは多いはずですが、現実にはあまりありません。ユーカリが丘ぐらいでしょうか。

国家がそれ……鉄道や道路を、マンションと駅をつなげるために作る……を嫌うのでしょうか。

11

多数のコンテナからなる仮設住居は不可能でしょうか?

コンテナなら、トレーラーで運んでおろすだけです。
短時間で、長時間高水準の生活ができる難民キャンプを作れます。

ほかにも、豪華ではない大型客船もあるでしょう。

軍事基地としても価値は大きいと思います。

10

コーヒーメーカー、ホームベーカリー、炊飯器…
「材料の自動供給」ができれば利便性は格段に上がるでしょう。

コーヒーメーカーは水道につなげ、大きい豆袋の中身をタンクにあけておけば、自動的にコーヒーができる。
古いのがそのままなら下水に捨てて、それ以降は次の注文が入るまで淹れない。

ホームベーカリーは、小麦粉・イースト・砂糖・塩の決められたタンクに入れて、そのまま放置できる。水は水道、または室内ウォーターサーバーと同じ無菌ボトル。レーズンを最初に入れて天然酵母を保つでもいい。

炊飯器は上下水道につなげて、5キロタンクに米を入れておけば、あとは予約ボタンだけ。米を研ぐのも自動でやる。

ただし、上下水道につなげるという手間もかかりますが。

9

人間を「勝ち組」「負け組」に分ける……それは今は小学生のころから強くあります。
そして負け組であることは、罪とすらみなされるほどの差別感……非人間化がなされています。

自分を「負け組」と認めること事態が困難……低収入層の結婚率の低さにつながっているのでしょう。
被差別部落・ハンセン氏病、原爆症・水俣病と同様な、罪穢れに等しい差別感情がある……

だからこそ、同情や福祉は必要ない、どれほど冷酷に扱っても構わないともなります。

8

台風だと、「傘」が根本的に間違っている気がします。
「笠」のほうがいいのでは。

ポンチョやレインコートもありますが、それから電車・バス・タクシー、普通のビルなどに、周囲に重大な迷惑をかけずに入る方法が事実上ありません。

むしろマントと防水袋のほうがましでしょう。ただし、マント…ポンチョでも…限度を超えた強風だと大事故につながりかねません。
その点は笠も同じですね。

絶対安全なら、上下ともゴアテックスでしっかり固めることでしょうか。

7

現実には、人間力が低い者に集団生活をさせると、かえって人間力は低くなるのでは?

暴力的ないじめ群れが自然発生するだけ。

それで、かえってすべての人を敵視し閉じこもる。
ひたすら耐えるだけ、世界と人間と自分自身を憎み、自信を増すことが何一つなく、自信を失わせることだけが増える時間。

それは人間を壊し、質を下げていくでしょう。

6

原爆の日…いま世界が破滅していないのが信じられません。
実際には、トランプ・金正恩ともに、少なくとも今のところ核戦争が起きていない程度にはまとも、ということです。

それがどれほどありがたいことか。

5

本来、非正規化・外国人労働の増加は、サービスや製品の質を下げるはずです。
でも下がった感じはまるでありません…ポテチの中身が減る以外。

報われなくても最高のモラル、日本は外国人もそのように改造できるのです。

4

ロボットや動物の評価として、「詰みにくさ」は?

たとえば馬などは、脚の二本が細い穴にはまったり、転んで背が窪地にはまったりしたら「詰む」。どう暴れても抜け出して正しい姿勢に戻れない。
だからテキサスゲートという罠がある。

原発をロボットに見に行かせると、すぐ行動不能になる。悪い瓦礫の隙間にはまって、キャタピラが空転するだけで脱出できない。

どこをどう動かしてもその場から移動できなくなる状態が、「詰む」です。

では、「詰む」が少ないのは?

ヘビ。ムカデ。
人間。
木登りが得意な動物。
軟体動物。

泥濘で暮らす動物、岩場で暮らす動物、どちらが詰みにくいのでしょう。

3

日本の財政はひどい、子孫のために…

本当に消費税が25%どころか40%、生活保護は事実上廃止で自殺強要をしたら、どうなるのでしょう。
かえって経済が崩壊するのでは?

逆にカプセルホテル水準の住宅・飼料用トウモロコシの食事の生活水準を用意したら、賃金が下がって国際競争力が戻るでしょうか?

2

一体日本は、何をしたのでしょう。

数百万の同胞を棄民としました。
それは国家の未来を捨てるものでは?

政治改革の結果、自民一強を確立したのも意味不明です。

現実を思い知らせ、完全に黙って従う奴隷に国民を作り変えた…ということでしょうか。

今の日本人は、何なのでしょう。
僕以外誰一人、まともな野党を望んですらいないようなのです。

1

なぜなにがあっても先進国で中層・貧困層の利益代表は登場しないのか。
どうやって民主主義は完封されたのか。

民主主義国で、超絶格差が許容されるのはなぜ?
なぜか、「格差を減らします党」が出現できないようです…ヨーロッパのポピュリズム、極右以外。

民主主義で、「下90%からお金を取って上1%に渡します」ができるはずがない。
なのにそうなっている。なぜ?

労働組合がなければ、労働者は何千万人も、黙って餓死するほど従順な家畜と化すのでしょうか。
選挙権・被選挙権・言論の自由を持ったまま、行使することなく従順に、シャワー室でなくガス室とわかっていても歩くのでしょうか。

かなり昔から、民主主義が経済問題に関して、まったく役立たずになっています。
民主主義にもかかわらず、とんでもない格差がある…それに反対する政党がまるでないのです。

民主主義にもかかわらず、若者の半分にまともな職がない状態が続いています…特に苦しめられる若い低賃金労働者の利益になる政党が生じません。

何がそれを可能としているのでしょう。