枕元の計算用紙

ホーム

1999年7月 8月 9月 10月 11月 12月
2000年1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2001年1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2002年1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2003年1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2004年1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2005年1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2006年1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2007年1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2008年1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月

2017年10月

1日 2日 3日 4日 5日 6日 7日 8日 9日 10日 11日 12日 13日 14日 15日 16日 17日 18日 19日 20日 21日 22日 23日 24日 25日 26日 27日 28日 29日 30日 31日

19

ネットでニュース系を見ていると、あちこちで自民党の大きな動画広告を見かけます。
とても力と金を入れているようです。

…そういえば、日本に今野党って存在するのでしょうか。共産党以外。

「日本は緊急事態にあり、野党は必要ない」これにどれほどの人が賛成するでしょう。

次以降選挙はしない、自民党が全議席をずっと占め、欠員が出れば自民党が補充する、でどれほどの人が納得するでしょう。

ネットでは野党に対する全否定の声が大きすぎて、もう国民の大多数は野党不要と思っているのでは、という気さえします。

18

あるかどうか知りませんが、変形のローラースケート…

要するにリヤカーのように、板の左右に大きめの車輪がついたものを、靴のように。
片足だけでも、もう片足で地面を蹴って滑ることができます。
車輪が大きいので段差などに強いでしょう。

左右両方の足にはめて、平行にしてずらせば接地点が四角形になり、立てます。
そのつま先にゴムをつけて、ブレーキと蹴るための接地点にするとか。
あるいは、ラチェット機構で素早くつま先を下におろすことで前進できるとか。

あとローラースケートの補助具…先端に一つ小さな車がついた杖で、杖の中の蓄電池で動力になる…
転びにくくもなるし、前進力にもなると。

17

憲法改正で議論を、と、政治家もマスコミも言います。

どこでどう議論しろというのでしょう。
飲み屋で議論しても何にもなりません。

政党の下部組織となる、草の根集団で議論すべきことでしょう。
でも日本でそれがどれだけ機能するでしょうか。
日本の草の根の多くは、とことん前衛…考えるのではなく従え、であって議論などないのに。

そして改憲議論では、護憲派は「日本を攻める国はありません」「非武装が正しい」「九条を守れば平和」前提を強要するのをやめませんか?
「自民党の、人権無視部分がヤバイ」に絞ることはできないのでしょうか?

それに絞れば、緊急事態も「韓国や台湾のように戒厳令が何十年、憲兵が虐殺さえやりたい放題の社会になったらいやだ」と批判できます。

売国批判も受け流せます。

16

人間集団のマイナス面が重かった。
その反動として、今の極端な孤立社会があるのだと思います。

保守は、それに対してどんな処方箋を出すのでしょう。
新自由主義は社会などない弱肉強食、ですが、少なくとも死体清掃の費用をだれかが出さなければ…

そして、パヨク…意味不明と言っていい、封建社会・国家双方のマイナス面が一切ない、ついでに近代産業すらない、解放された人間による自由で幸福な結びつき…ありえないにもほどがあります。

しかし日本人は、ホシュとパヨクの二つ以外の回答を持っていないのです。

15

ビジネスホテルとカプセルホテルの中間は結構便利だと思います。

というか、ビジネスホテルが固定ベッドなのが間違っているのです。
折り畳みベッドにすれば半分の面積の部屋でなんとかなります。

14

政治改革などが事実上なく、逆に社会党だけが消滅して、完全に自民党・共産党・公明党の三党だけの政治になっていたら。
90年代中盤以降の混迷で、日本はより安全に舵をとれたでしょうか。

…まさか、阪神・東日本大震災も起きなかった、とまでは言わないですよね?

両大震災を、自民党単独絶対多数政権がどうさばいたか…憲法が改正され、緊急事態条項があればうまく対処できたかもしれません。
逆に、それを口実に戒厳令が常態化し、急速に人権水準が下がっていたかもしれません。

13

アメリカとイスラエルのユネスコ脱退…国際機関によってより良い世界、というビジョンがどんどん崩れていきます。

何か代わりのビジョンはあるのでしょうか。

12

世界各国の…要するに日本で言えば、

「帰ったら玄関のドアから家に入り、靴を脱ぐ。
飲食は基本的にダイニングテーブルと机。
くつろぐのもソファが多いが、畳にコタツ・座椅子を用いることもある。
飲食…これは膨大な情報…
トイレは洋式・ウォシュレットが普及しており、大の後はトイレットペーパーで拭くかウォシュレット、洗面所で手洗い。
湯船のある風呂で体を洗う。歯ブラシ。
ベッド、または畳に敷いた布団で寝る」

を比較した情報はないのでしょうかね。

11

恐ろしい問い。

「今の時点で、人間の医師は有能なのだろうか」
「今の時点で、人間の警官は有能なのだろうか」

……どちらも、実際にはデータをコンピュータに入れた方が、人間より予測精度が高いという可能性は?

というか、人間がやっている多くのこと…刑務所、学校教育、などなど…が、瀉血同様「誰もが絶対正しいと信じていたが害にしかならない」という可能性もあるのでは?

10

「自民党は左だよ」というのも、論争を断ち切るマジックワードの一つでは。

その言葉によって、自民党の大物たちに共通する、教育勅語や「国体の本義」に対する強い忠誠心が、個人主義を憎み国民に道徳を叩きこまねばならぬというイデオロギーが、存在しないものとされるようなのです。

自民党はかなり多面性があり、公の場では人権を尊重しつつ、あちこちで人権を否定する発言をする幹部がいる…
見たいものを見れば、「人権尊重のリベラル」とも「反人権の極右」ともとることができます。

9

「ドラゴンボール」型の、個人の戦闘力が戦艦よりはるかに強い、惑星破壊すら可能なスペースオペラは不可能でしょうか?

……剣や銃の威力が、技量によって無限に強まる……特異な性質の鉱石などで、とすれば可能?
科学で解析された魔法の力に、上限がないとする?

ほんの断片が描かれただけですが、レイモンド・E・フィースト〈リフトウォー・サーガ〉に、剣と魔法を操る神々水準の古代蛮族が、次元も恒星間距離も超える竜にまたがり、いくつもの時空の国々を滅ぼした……多数の宇宙戦艦を持つ星間帝国も含めて。そんな話があった気がします。

まあ今のドラゴンボールは、惑星破壊がやっとだった時代からさらに、何桁かわからないほどパワーアップしていますが。

8

自由と人権は、これからの時代には古い、否定されるべきものでしょうか。

今は、SFはディストピアばかりです。
作家たちはどれほどえげつなく人間を全員束縛し、監視し、拷問し、破壊するかばかり考えているようです。

そして日本人の弱肉強食思想。生存権そのものを否定する思想。
本当に何百万、何千万の同胞に、餓死せよ自害せよと思っている日本人がものすごく多いらしい…

7

この総選挙は、歴史の中ではどんな役割を果たすでしょう。

この国はどこに向かうのでしょう。

怖いのが、誰もが保守でリベラルだと主張しているということです。
左右の枠は古いと誰もが言っているのに、それが壊れてからどうするかは誰も言っていないのです。

日本政治に「保守とは何か」「リベラルとは何か」をきちんと語れる人はいないのでしょうか。

それこそ、人によって定義が違うのです。
さらに言っていることと内心が明らかに違うケースも多すぎます。

保守も、リベラルも、もう壊れた言葉でしょう。
しかしその後には何もないのです。

マルクス主義という巨木が倒れた後の空き地には、草一本生えないのです。

もっとも弱い人間を、生かすか殺すか。
道徳を強要するか否か。

僕にとって重要なのはこの二つです。

茶碗にご飯が盛られ、屋根の下で眠れること。
Dr.スランプの単行本を焼けと、棍棒で殴られないこと。

肝心なのはその二つだけです。

6日

希望の党がベーシックインカムを公約に入れているとのこと。

以前も、維新八策にベーシックインカムがあったり、民主党か民進党の多分一部に、日本版ベーシックンカムの提言が会ったりしたと思います。

新しい時代、長期停滞によって配当による年金が事実上不可能になり、さらに若者の多数が産業界から不要宣告される現実を見据えて、多数の国民を殺す…ガス室にせよ自殺強要にせよ…のでなければ、ベーシックインカム方向が必要なのは自明です。

日本、特に政治思想や経済思想の世界でのベーシックインカムの歴史は奇妙なものです。
左右とも主要政党がとても消極的でした。主要な思想家も、奇妙に話題にすることを嫌います。

現在で特に厄介なのが、若い言葉を使う人で特に影響力が強い橘玲氏が、ベーシックインカムに極めて激しく反対し、それがネット全体に広まっているのです。スピーナムランドとナウル、はい論破、という感じで。

ベーシックインカムの困難として、人類にとって「フリーライダーの排除」はかなり根源的な本能であることもあるでしょう。

僕自身は、失敗するかもしれないし、餓死したくないので、失敗しても餓死しなくていい、最低限の生活は保障してほしいです。
生活保護があると言いますが、あれは欠陥が大きい制度であてになりません。
シングルマザーや、風俗に流れる貧困かつ知的・教育水準が低い子女たちなど、多くの国民が傘から漏れているのです。

少なくとも漏れがない福祉を、と強く望んでいます。

5

保守とは何でしょう?

蓮舫氏も、前原氏も、小沢一郎氏も保守と自称します。

僕の「日本保守」のイメージは、要するに軍隊話のビンタや管理教育時代の体罰教師なんですよね。
その延長として特高警察の拷問。
娯楽を許さない。とにかく殴る。

さらに今は、日本の保守には自己責任・弱肉強食も強くあるようです。
弱者は自殺しろ、というレベルで。

そんな保守が政界では完全に勝利しようとしています。
ひたすら、左派がダメ護憲ばかりだから。
まともな左派が絶対に出てこないから。

4

現状の延長:放漫財政で財政破綻

選択肢

1超増税・社会保障削減…政官財が、事実上国民の大半を見捨てる。
2減税・財政破綻…無策。
3配給制…誰も言いださないが、誰も餓死させない唯一の道…高度成長がない、埋蔵金もないし軍縮しても焼け石に水が事実なら。

1も2も、国家主義・軍国主義で最低限の治安を維持することを加えるべきでしょうか?

さらに国家主義、道徳で、国民の相当数を自殺させることも?

少なくともこの総選挙で、この現実に向き合う人は見かけません。

3

アメリカでのとんでもない事件…

昔の人も同じようなことをしてきたのでしょうか?単に武器の性能が悪かったから被害が少ないだけで。

このような事件を完全になくすには、すべての人間を常時監視し、すべての人間に「悪いことをしようとしたら殺す首輪」を付ける必要があるでしょう。

またはばかばかしい基準で人を分けるか。

2

またいろいろ大事件が起きています。

でも、今気になるのは解散…特に日本のネットでは、今度こそ護憲派が(共産党以外)消滅するかという話になっています。
枝野氏が政党を作るそうですが、勝てるとは思えません。

僕が問題にしたいのは二つ。

護憲から、絶対平和主義お花畑を引いたら何も残らないのか…日本保守の、戦中思想が怖い。

保守が完全勝利し、ライバルがいなくなったら危険だ。お花畑パヨクが消えたときに、残るべきまともな左派が日本にはいない。

なぜ護憲派が、あれほど改憲に反対するのか。
本当に、日本をソ連や中国に売りたいから、それだけでしょうか?
そうではない、戦争で苦しみ、戦中の政府やファシストの横暴に苦しんだ人たちの恨みはあるはずです。
沖縄や引き揚げ層の、「軍隊は国民を守らない」という実感。事実上絶対の死を強要され、徹底的に保証がなかった船員たち。
何よりも、自民党の今の憲法改正草案…権威主義。個人主義=人権に対する激しい憎悪。
全部存在しないのでしょうか。パヨクが嫌いなあまり。
自民党・日本政府の中の、「やばい勢力」の存在は、無視しなければならないのでしょうか。

「パヨクが反対するということは正しい」
「悪いことをしなければ警察にいじめられることはない」
この二つがどれほど危険か。

「自民党は、保守は完全に信じていい」か、「日本を攻める国はありません、非武装で安心しなさい」の二つ以外許さない日本の状況が間違っているのです。

このような見方をする人は僕一人でしょうか。
あくまで、「民主党は無能だ、サヨクは売国嘘つきだ」が、永遠に日本人のアイデンティティになる?
保守だけが絶対に正しい?

自民党と小池新党の両方を合わせても、本当の弱者にさしのべる手はありません。
特に小池新党には新自由主義…弱者は生きる資格がないという、寄付文化も宗教もないむき出しの弱肉強食思想がはっきりとあります。

あくまで日本には、パヨクでない左派は絶対に存在を許されない…
考えることすら禁じられたまま、保守の絶対勝利、完全に保守に生殺与奪を任せきるしかないのでしょうか。

どうしてこれほど、二つの立場しか許されないのでしょう。ホシュとパヨクの。

1

先月頭の予測は見事に外れ、今度こそ(共産党以外の)リベラルが壊滅するかもしれません。

長い目で見れば何も変わらなかった、という可能性も高いと思いますが。
特に参議院にはまだ民進党議員がそれなりにいます。

この解散総選挙は、絶対盤石に思えた新55年体制の、ほころびとなるのでしょうか。
どこかで不満がたまっていて、なんとかこの体制を崩すために、と解散と民進党の合流が行われたのでしょうか。

もし民進党が希望の党に合流せず、そのまま左派の野党共闘を進めていたら?
大勝利は絶対にない、でもある程度の議席は得られたでしょう。今より少し減る程度の。
それを捨てるということは、前原代表に大スキャンダルがある可能性が高いですね。抜かれたら民進党は野党共闘をしても全滅するのが確実なぐらいに。

何より疑問なのが、民進党の代表はこの仲間の多くを切り捨てての身売りを許すほどの力があるのか、です。
過半数だけで圧殺できるのでしょうか?
仲間の半分を切り捨てるなら、資金を分けるのかという問題もあります。

むしろ考えるべきなのは、なぜ日本リベラルは国会でもこれほどしつこいのかです。
国民にはもっと昔に見捨てられていたのに。

まあそれを考えると、新しい軍備を容認し愛国を訴えるリベラルがまったく出てこない、という問題になりますが。

本当に保守一色の日本になってしまうのか…

予想はまったくできません。
希望の党が惨敗する可能性も十分にあるのです…国民は民主党で閣僚などをした者を絶対に許さない、という。