枕元の計算用紙

ホーム

1999年7月 8月 9月 10月 11月 12月
2000年1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2001年1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2002年1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2003年1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2004年1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2005年1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2006年1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2007年1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2008年1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年1月 2月 3月

2018年3月

1日 2日 3日 4日 5日 6日 7日 8日 9日 10日 11日 12日 13日 14日 15日 16日 17日 18日 19日 20日 21日 22日 23日 24日 25日 26日 27日 28日 29日 30日 31日

21

三国志以後、蜀の滅亡から隋唐までの長い戦乱時代のもどかしさはどうでしょう。

支配者が善人でも悪人でも悪いようにしかならない。
善人であれば寺に大金を寄進し、儒者の言うことを聞き、理想に溺れ現実を無視して大遠征して失敗する。
悪人であれば桁外れの贅沢と家族殺し、まともな臣を殺しまくって酒におぼれて自滅。

「善」そのものが時代と完全に合っていない。

どの王朝もすぐに外戚宦官、家族を殺して殺して殺しまくって滅びる。
どこに軍事の天才が出ても必ず早死にするか失敗する。

諦めて清談に徹し、桃源郷を夢見るのが正解に思えます。

イデオロギー、宗教が間違っているんです。儒教も仏教も道教も。文化自体が間違っているんです。
文明自体が間違っているんです。

生産力増大に伴う格差の拡大、貨幣経済…それが宮廷の乱脈、乱の連続を産んでしまう…
善を求めると、儒教学者を取り立てていいなりになるしかない。
貧民・流民の不満は黄巾や五斗米道のような、絶対勝てない破壊だけの原始共産主義にしかならない。

必要なのは、新しい経済制度・現実にできた格差と大人口にふさわしいシステムなのに。
宮廷は相続をきちんとして、適度に有能な者がしっかり支配し、一族を殺しまくらずに次代に譲れるように。
また簒奪のリスクなく有能なものを取り立てられるように。ちゃんと戦争ができるように。
農村の人々の生活水準と技術水準を向上し、商業を公平に保護し、力を持ってしまった人の力を認めてしっかり国家に奉仕させる…

単純に言えば、
「食わせる」
「治安」
「戦略的にも戦争に勝つ(無理な遠征はせず、責められたらきちんと組織された軍隊で戦う)」
「狂帝を出さず、大粛清もせず安定して相続させる」
「商業・貨幣経済という現実に法を合わせる」

そんなシステムがとことんできない。儒教という呪縛から逃れられない…

20

一個千円もするケーキと。
パンにバターをたっぷり塗って、それと大量のコーラか、ものすごく多くの砂糖を入れたコーヒー。

どう違うでしょう。同じでは?

無論、価格はまったく違います。

19

政権が、官の側から責められています。

今の安倍一強は政治主導が実現したようなもの、といいますが、逆に責任も政治にかかるわけです。
しかし、野党の弱さは相変わらずを通り越し、自民党内にもめぼしい人がいないことには変わりありません。

思えば新55年体制は、まだ首相交代をやっていないのです。できるかどうかもわからないのです。

18

液晶テレビの音質が悪いとよく言われます。

子供が考えてもわかる解決策は4つあるのに、なぜ絶対にやらないのでしょう。

1スピーカーを起点にテレビを厚くする
2台に接する板をとても分厚くしてスピーカーを内蔵させる
3スピーカーはつけない
4ブックシェルフを付属させる

1:テレビはどのみち、前後も20センチの厚い箱状空間を占有しているんです。その空間にしっかりしたスピーカーを配置することは容易でしょう。
それこそ画面を少し持ち上げて、その下にブックシェルフを横倒しに二つ突っこんでも問題はないでしょう。
または最初から20センチ厚の箱状スピーカーを作って、その一面が画面、後ろ・上下・左右・後ろに音をぶちまけるようにすればそれなりの音質はできるでしょう。

2:テレビには必ず、前後幅20センチ・左右幅30センチ近い板が下につきます。それが厚さ15センチ・幅がテレビと同じにすれば、ものすごく余裕のある高音質スピーカーにできるでしょう。

3:どうせならスピーカー別売りにすれば…

4:最初から専用設計したブックシェルフスピーカーをふたつつけておき、専用の器具でテレビの上でも、左右スペースにゆとりがあれば左右でもつけられるようにすれば。
猫の立った耳のように。
普通は上にはスペースがあるでしょう。

なぜ家電業界は、「こうでなければならない」というのがまるでルールのように厳しいのでしょうか。
やたらとリモコンのボタンが増えるのも…なぜ老人用の単純なものがない…

17

シリア攻撃に反対する声もあります。

で、どうしろと?ひたすら放置して毒ガスでも核兵器でも好きにさせろ?
ロシアに献上する?

僕は、シリアやシリアに限らず紛争がひどい国をどうにかするには、二つしかないと思っています。

一つは、国境を無効にし、援助と紛争地域からの資源輸出入を厳禁して、「切り取り勝手」を宣言する。
単純に信長が出るまでやれ、と。
そうすれば、すくなくとも無能な武装勢力の長や独裁者は下克上で排除されるでしょう。
国家が機能しない最大の理由の一つは、帝国主義時代に列強が適当に定規で引いた国境のせいでもありますし。

もう一つ。共に暮らせる人間集合に分けて、全員離れたメガフロートや巨大客船に住ませる。
国土には誰も住ませない。
これほど民族紛争・部族紛争・宗教紛争が激しくなったら、もう国家とか、サラダボウルとかはやめるのが現実的です。
不倶戴天な者を、無理に一つ屋根の下に押し込めない。離れさせる。

まあどちらも超絶に実行不能…第三、皆殺しのほうがまだ支持されそうですが。

16

どうみても18禁な広告が表示されるサイトは、それ自体が18禁ではないでしょうか。

年齢制限のないサイトに、完全にアウトな広告を流すのはやめて欲しいものです。

15

米英仏によるシリア攻撃…第三次世界大戦の始まりかもしれない。

なぜそれほどに中東が重要なのか。
クリミア戦争の原因、ロシアがビザンティン帝国、ひいてはローマ帝国の後継として、何が何でもイスラエルを支配したい…

スペインが双頭の旗にこだわり、どうしてもヨーロッパ支配を諦められず新大陸の富を蕩尽したように。
魏晋南北朝時代、いくつもの大国が無謀な統一に挑んで自滅したように。

『銀河英雄伝説』で、ゴールデンバウム帝国の称号が、絶対に全人類の支配を命じたために底なしに戦争が続いたように。
『ナイツ&マジック』のジャロウデク王国がファダーアバーデンの名に囚われて世界征服に走り、フレメヴィーラ王国が大森林に挑んだように…どちらも巨大な損害を出した、本来は足元を固めるべきでした。まあジャロウデクは、技術進歩を察知されて追いつかれる前に、という事情があったのかもしれませんが。

歴史でもフィクションでもあまりにもたびたびあること。

日本がそんな呪縛に囚われていないことに感謝するほかありません。
もし日本が国の根本として、朝鮮半島と中国を支配しなければならないと定められていたら地獄を通り越してるじゃないですか。

中東は本当に、どの国もまったく妥協できないんですよねえ…オバマ、これまでのトランプの弱腰は非難されていますが、ではどうすればよかったのかと言えば…

14

何もかもを書類に書く…特に物の出し入れ。

それは、「書類の集まり」が「現実世界」の正しい写像になっている、という理想のためです。
それで書類の集まりを分析すれば、どこに何がありどう動いているか全部わかるという理想。

…でも今の技術。IoT、モノのインターネット。極限まで安くなったネット接続カメラ。

書類なしで、好きなだけ好きなように何でも持って行っていい、でも誰が持って行ってどこにあるのかは全部追跡可能、という世界はできないでしょうか?

13

ある人間がその生涯で、要するにプラスだったかマイナスだったか。
国庫にとって。

その人の…生涯総生産と、その人の生涯、総計、税金を費やした金額。
これからの時代には、それが問題になってくると思います。

生涯総納税でもいいでしょうか?
経済全体にとってでも?
その場合は、大借金して浪費した人はむしろプラスになるのですが…

輸入品が多いと金が外国に行ったから悪いの理屈になりそうですね。

そして「国益にとってマイナスになる人間は殺す」というシステム、部局があれば…警察の一部でしょうか?
それとも別の?

日本の場合国家主義と弱肉強食とニヒリズムが変な形で融合しているのでどうにもなりません。

12

アメリカも日本も、政治的には労働組合が完敗し、衰退していきました。

反共、反労働組合が強い…それはいいのですが、「労働者の生活水準はずっと悪いままでいいの?」という問題には誰も答えなくなります。

一方で飽食する人がいて、一方で餓死する人がいる。その状態を肯定する論理は…貴族制でしょうか。

輪廻も強力ですが、西洋はそれができません。

11

電車で最も多く目にするイヤホンは、iPhone付属の、あの白くて丸いボディから横向きに音が出る代物です。

あれは、スマホ以降激変したヘッドホン…いや音楽業界にもすごい影響があったと思います。
圧倒的に世界で最も多いヘッドホン。なら、音を作る側もそれでよく聞こえるように音を作るでしょう。
そして、あらゆるヘッドホン…それどころかスピーカーメーカーも、そのように作られた音楽に合わせて作らなければならないでしょう。

問題は、あれは技術的にそれほど優れてはいないとされていることです。
確かに使いやすい。でも音質の評価は…

これは、原因と結果を混同しているかもしれませんが。

iPod、スマホの普及で、ヘッドホン市場が爆発的に拡大しました。
それに合わせて、ものすごい技術革新が起き続けています。

超小型のダイナミックを耳奥に突っ込むのと、耳にピタリと合い耳の上をケーブルを通す、しかもダイナミックとBAを合わせたハイブリッドが普及しました。
さらに今は無線イヤホンが主流になりつつあります。
小型の静電式イヤホンも完成しました。今は高価ですが、それも値下がりするでしょう。
平面ヘッドホン、バランス接続、ハイレゾも普及しつつあります。

その起爆剤となった、アップルのあれがもう少し別のものであれば……たとえばhf5や、定評がありフラットでスタンダードな大口径ダイナミックのカナル式であれば、そう思えてならないのです。

あの白いイヤホンは、どのように音楽・オーディオ業界をねじ曲げたのだろう、と。

さらにアップルはまたヘッドホンを出すようですが、どんな音質なんだろうな…また市場をねじ曲げるんだろうか…とも思います。

10

日本史における「公文書」の歴史は、どうなっているのでしょう。

まず、律令体制で各国司・大宰府はいろいろな文書は残さなかったのでしょうか?
どのような沿革で、残っている風土記は残り、失われたものは失われたのでしょう。そして日本書紀・古事記はどのように残ったのでしょう。

それ以外の公文書はどう作られ、どう保存され、どう失われたのでしょう。

中国の例を考えれば、あらゆる天変地異も記録されてしかるべきでしょう。
税や裁判、軍事も当然文書は必要でしょう。
歴代天皇の詩歌も、公文書と同様でしょう。

そして武家政権は、公文書は作らなかったのでしょうか。人口、暦、物納含む税金、刑罰・裁判、戦争の賞罰…
すべて本来は文書が必要で、それは残すべきものでは?
どれほど多くが応仁の乱で燃えたにしても。

何よりも、明治維新。

江戸幕府の公文書は?各藩の文書は?
すべてちゃんと国会図書館に収まったのでしょうか?

そして終戦時の証拠隠滅。それを可能にさせたのは、日本の文化でしょうか?
それともドイツも同じようにやったのでしょうか?

9

空母と戦艦を比べると、戦闘爆撃機というのは歩兵に近いような気もします。

戦艦は重装甲で、何十発も長射程の砲撃ができる。

けれども、空母からは戦闘爆撃機が艦砲の射程より遠くに行き、少ない数の、でも威力は艦砲以上の攻撃ができる。
それ自体は脆弱だが、多数出すことができる。

対戦車ロケットを担いだ歩兵のようなものです。しかも陸上の、歩兵輸送車から歩兵を走らせるのと違い、その歩兵のスピードは車両より速い。
……オフロードバイク+対戦車ロケットの歩兵、でしょうか。

8

家族を残虐に長期間閉じ込める事件が、ここのところ複数報道されます。

本来日本は「座敷牢」が一種の伝統でした。
それが…家長の高齢化で持続不可能になって明るみに出る?
それとも、警察の方針が変わった?

こういう時に疑うべきなのは、マスメディアがなぜそれを報道しているのか、です。以前も多数あり、それが報道されていなかったことを考えるべきです。
それどころか、コンスタントに多数報道されていて、僕がよく覚えていないだけという可能性さえ。

座敷牢…不都合の事がある人間は、「家」の責任で処理せよ。だがほしいままな殺人は許されないので、座敷牢が妥協点になる。
そのシステムはまだ生きている…

また僕は、今の僕には想像ができないほど権威主義的・暴力的・戦前の家制度や軍隊そのままの人間集団が、日本には想像を絶する数生息しているのでは、と思っています。

そして僕にとって、「保守」というのは非人道的・反人権的な暴力支配社会を意味する言葉なのです。どうしても。
残酷な管理教育、体罰、内心も含めた束縛、そして神風特攻の強要に至る…

7

森友学園問題で、「こんなことを騒いでいても国益にならない」といいます。

では何が国益か。
野党は何もせず、すべての法案に賛成する…大政翼賛会が国益、ということでは?

ついでにそうすれば官僚も眠れると。

ではその、自民党と官僚が誤れば?には、無能野党よりまし、と答えが来ます。
ここで、どうすれば有能な野党を持てるのか、という問いに応える人は誰もいません。

ついでに、どうすれば官僚が眠れるのか、にも。

6

西部邁氏の自殺を幇助した者の逮捕。

これはきわめて大きなメッセージだと思います。

一言でいえば、
「日本人全員にとって、日本国こそが唯一神である。日本人の生命はすべて日本国のものであり、勝手に処分してはならない」。

キリスト教は自殺を禁じます。生命は神のものであり、人が勝手に処分していい財産ではないからです。

生命を勝手に処分すること、自殺を助けることを、断固として、絶対に、何にもまして許さない。

国家=唯一神を軽んずるな。心を、魂を、生命すべては国家のものだ。

そう全国民に叩きつけているのです。

個人の物でないのは、生命だけではありません。
真実も個人の物ではないのです。

警察が決めつけたストーリーは、すべて有罪判決になる。
それが永劫普遍の絶対の真実だ。
何が真実か決めるのは、国民個人ではなく警察、ひいては国家という絶対神である。

それが日本の本当の姿です。

5

共産主義という猛毒が生じた時点で、あらゆる自由は剥奪しなければならない…
全員の監視、家族ごと拷問処刑、内心の束縛なども必要になる。

それにどう反論できるでしょう。

そして今は、テロという猛毒…

というかスペースコロニーも、一人が穴を開ければ全滅する以上、完全監視と内心支配は必須でしょう。

4

「国家ができる」というのが不思議です。

一番大きなモデルが、新大陸に入植する…自由に自分の土地を決め、小規模自営農民になることを目標とする。

でもそれはまともでしょうか。
まず、開墾して農地と家を作るのに、膨大な鋼が必要です…斧と鍬、釘とハンマー、リストは延々と続きます。
最低でも最初の収穫まで食える食料も必要です。

さらに成功しても、実質孤立した一家農民は、中期的には凶作で飢えたり作物の価格が変動したりするリスクがあり、長期的には分割相続による土地細分化で経営不能になります。

それが起きるまでの、短期間のモデルでしかないのです。

そしてどのように、それが集まって国家になるというのでしょう。

3

教育の無償化が話題になっていますが、「インターネット大学で、ちゃんと卒業試験をする」は?
さらにその卒業試験は大学を卒業するとき全員が受けると。

公的な大学卒業試験があれば、就職活動にも大きい影響を与えるでしょう。

まあ問題は、それを企業がまったく評価しない場合ですが…

いや、「中学校卒業試験」「高校卒業試験」「大学卒業試験」それぞれ全国共通でやればいいのに…

2

今の子供たちは、ディズニーの古典をどれぐらい見ているのでしょう。

動くミッキーマウスのアニメ映画を見ている子はいるのでしょうか。「ファンタジア」もどれぐらい地上波放送されているでしょう。

「白雪姫」「ピノキオ」「ファンタジア」「バンビ」「わんわん物語」「ダンボ」も、どれだけの子が見ているでしょう。

まあ、幼児向け英語映像シリーズとしてまとめて購入している金がある層はいるかもしれません。

1

人は多様な、人類の未来像を持っています。

滅び。
進歩。
繰り返し。

僕より圧倒的に優れた人間が、僕とは徹底的に考え方が違います。
人間は絶対に進歩しないと、優れた人が断じたのです。

代表作のPV数を見れば、それこそ前に小説で読んだ、「アマゾン奥地で難産に遭遇。乏しい機材で帝王切開するかどうか。ジョンホプ大産科前トップついでに何年も奥地で現地医療もやってる人と、リタイア研修医で来たばかりの製薬会社社員と、どちらの診断が正しいか」より優劣は大きいのでは。

永遠に、何度となく「かわいそうなぞう」が、シケリア遠征が、インパールが、アムリッツァが繰り返される。
繰り返すなとどれほど叫んでも絶対に無駄。
それ以上の絶望はあり得ません。

過去から未来の、無限大の呪いが叩きつけられ、心を完全に破壊してしまいます。
これまでの人類や多くの動物のあらゆる悲惨な死が、苦悶が、呪いが、全部まとめて襲ってくるのです。
すべての無残な死が、進歩につながるのではなく、何の意味もないものになるのです。
『Fate/Stay Night』西脇コミカライズ版の終盤、士郎が呪いの泥を浴びて、立ち上がる支えが何もないようなもの。ありとあらゆる呪いが、どっと襲ってくる。転炉の溶けた鉄をまともにかぶるようなものです。
耐えられないなんてもんじゃない。

僕はもう心を完全になくして、自分を含めた人類全体を、医学研究者がマウスでの動物実験を冷たく見るように見るべきでしょうか。
希望を持たない、感情を持たない、ただのカメラ、いや筒。完全にありのままに見て、何の評価もしないし一切感情を動かさない。現実を全部そのまま受容する。
自分に対しても誰に対しても、一かけらの同情もしない。
同情、情けを完全に心から消す。

それが唯一絶対に正しい在り方なのでしょうか。

自分でも奇妙なことに、未来をどう考えるかが、僕の心の根本的な防壁になっていたようです。

あらゆる犠牲と悲劇を受け入れるのに、人間の進歩があったようです。
それがなければ、すべてが無駄なことになる。この世界は単なる苦痛と呪いの絶叫の海でしかなくなる。
耐えられないなどというものではない…

僕は進歩でなければいやです。
でも、「イヤ」は真偽と関係ありません。

僕が五千持っていて、山向こうの敵が二万か三千か。
それは、僕の「イヤ」「そうであってほしい」とは関係ありません。
自軍が五千、敵が二万だったら、降伏するか、一時間でも稼ぐか、一人でも多く生きて帰れるように…

最悪なのは、「オレはイヤだ、だから敵は四千なんだ!それ以外の報告は死刑だ!」です。まあしばしばありますが。
自軍の数も、敵の数も、どんなに僕が「イヤ」でも変わりません。