枕元の計算用紙

ホーム

1999年7月 8月 9月 10月 11月 12月
2000年1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2001年1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2002年1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2003年1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2004年1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2005年1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2006年1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2007年1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2008年1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年1月 2月 3月

2017年4月

1日 2日 3日 4日 5日 6日 7日 8日 9日 10日 11日 12日 13日 14日 15日 16日 17日 18日 19日 20日 21日 22日 23日 24日 25日 26日 27日 28日 29日 30日 31日

27

ロシアは、ソ連はずっと不凍港を欲しがっていました。
手に入れてどうするつもりだったのでしょう。

トルコ・イラク・マケドニア・北海道を手に入れて、それで何をしたのでしょう。

考えてみれば、トルコを手に入れてもまだ地中海に閉じ込められています。
ポーランドを手に入れても、まだスカンジナビア半島に閉じ込められています。
朝鮮半島どころか上海まで手に入れても、まだ日本列島・沖縄諸島に閉じ込められています。
イラクを手に入れても、まだペルシャ湾に閉じ込められています。
ベルギーまで。スペインまで。日本まで。パキスタンまで。

そこまで占領しなければ、外洋には出られない…
本当に世界地図そのものが、ロシアにとって都合が悪いのです。

…世界地図そのものの都合の悪さといえば、インドがユーラシアに衝突してヒマラヤを作ってること自体が最大の問題です。

そのせいで、世界の陸地の半分以上が不毛。
広大すぎるユーラシア中央砂漠地帯。
ついでに気流の変化のせいで、サハラ砂漠までできてしまった。
アフリカがユーラシアともう少し離れていて、インドがユーラシアにぶつかる前なら…

まあそれだと、アフリカ発祥の人類が世界に広がることが困難でした。
南北アメリカも離れていましたし。

26

今の日本では、「人に迷惑をかけず楽に死にたい」が唯一の望みである人がとても多いのでは。

結婚し子どもを育てることがかなわぬ夢になった。
青函トンネルのような、目に見える大きな仕事業績を残すことがありえない。
共同体の一員とは言えない。
政治改革、革命の希望が皆無。

そういう人がどんどん増えてしまった…
就職氷河期からの社会変動で。

それ以前の、連合赤軍が革命の、オウムが宗教や精神世界の夢を完全に破壊したことで。

25

貧困国の援助は無駄だったと言われます。
では、1960年ぐらいに戻って、援助に使われる金はそのままで、使い道を変えることができたらどうすべきでしょう。

僕はいっそ、客船を買って「逃げたい人はこちらに逃げてください」がいいと思います。
逃げれば衣食住はある。拷問も虐殺もされない。

仕事はあるかどうかはわからない…少なくとも、暴力を振るわないよう互いに監視する仕事はある。

一番の問題が、日本の戦国時代との違いなのです。
悪政をやったら民が逃散し、下剋上されたり敵国に滅ぼされたりする、というインセンティブが狂っているのです。国家主権、国境変更の禁止と援助のせいで。

今はもうアフリカは、子供をさらって家族を殺させて洗脳して戦わせるという、悪逆非道そのものが目的の集団が、自滅せずに続いてしまう状態になってしまっています。
原理主義集団も、愚かさゆえに自滅することがありません。
そういう最悪の集団が勝ってしまう環境になっている…

24

フランスでも、実績のない候補が大統領に当選したようです。

既成政党の衰退は明らか、ですが…
問題は、極右(移民排斥)以外のプレイヤーがほとんど見られないことです。

どれほど旧来左派に対する不信、既存野党に対する不支持がひどくても、新しい勢力が出てこないのです。

アメリカ大統領選では、サンダースがかなり伸びましたが…古い印象が強いです。

没落中層にふさわしい思想は、誰も検討していないようです。
僕はベーシックインカムと科学の組み合わせだと思っています。

さらに今は対テロ戦争の時代…対テロに本当にふさわしい政治思想は、何でしょう。
核テロを防ぐためなら多数の無辜が拷問されてもいいのか、という重大な倫理問題も出てきています。
本気でホームグロウンテロを防ごうとしたら、従来の人権は根こそぎ否定されるでしょう。

新しい時代は、もう来ています。既成政党では対応できない。

にもかかわらず、ふさわしいと思える新しい思想、新しい政党が、恐ろしいほど出てこないのです。

23

日本が科学技術の予算を9千億円増額するとか。

本当にそうなれば実に嬉しいことです。

根本的に、安倍政権と科学は両立できるでしょうか?
「国体の本義」、戦中国粋主義思想は、科学と両立できるのでしょうか。

ナチスドイツは原爆を作ることに失敗しました。
エルサレムは存在しています…イスラム原理主義は核兵器を自力で作れないのです。

そして根本的な問題。
本当に科学技術が、新しい時代の長期停滞に対抗する、唯一の解なのか…

僕は科学技術がダメなら人類自体あきらめるしかない、と思ってますけど。

22

天皇陛下の退位について、野党が反対したときに「天皇制自体に反対な売国が反対する資格はない」と言われます。
それでは、自民党全権委任になってしまいます。

自民党の方針に反対で、しかも愛国心・尊王心がある…
そんな存在が、なぜ許されないのでしょう。少なくとも国会に。

いや、論壇でも反自民・尊王の立場の人は、だれもが激しく非難されます。
もう日本は、安倍政権に逆らうこと自体が許されない国になったのでしょうか。

いっそのこと、国会も何もなくして、自民党総裁が行政・立法・司法・軍事を含む全権を握る制度にする方が早いのでは?

21

「どんな服装が最も動きやすいか」これはちゃんと検討されたことがあることでしょうか?

江戸時代の日本は西洋軍制度を取り入れようとするとき、まず筒袖を使いました。
和服を少し洋風に改良しようとしたのです。
結果的には、全面的に洋服を採用しました。

しかし洋服も、本当に最善ではありません。

当のイギリス軍が、熱帯で毛織物を着るという爆笑ものの愚劣をやっているのです。

背広のズボンと軍ブーツでマラソンを走ることはできません。
地面を匍匐前進するにも最適ではありません。

荷物を背負って走り、戦車や潜水艦など狭いところでひっからず隙間をくぐり、ジャングルの枝に引っかからず、泥沼を匍匐前進するのに本当に優れた服と靴はどのようなものでしょう?

僕は、ひざ上までのズボンと、膝の少し上まで覆う長い厚布ブーツだと思います。足裏と膝はがっちり厚い革か類似素材でガードして。

20

盗聴法。安保法制。そして共謀罪。

いつも同じです。
左派メディア・野党の絶対反対。
それが、むしろ賛成の声を強める。

パヨクが「この法案はだめだ」といえば、それは必要である証拠になる。

法案の条文をまじめに検討し考える人はいない。

批判者がすべてパヨクとして否定されれば、批判されない権力が出来上がる…
なぜその危険に気付かないのでしょう。

自民党は、安倍首相は、独裁でも問題ない、「絶対的権力は絶対的に腐敗する」の例外…

根本的な問題は、この状態でも「古い左派はもう無力だ。まともな批判者が必要だ」「新しい思想が必要だ」という声が皆無であることです。

もう、今後は何も出てこないことが、絶対に確定しているかのように。

19

かなり売れた作品と、僕が書いた(もちろん読者ほとんどなし)作品が、ほぼ同じプロットになった部分があります。
どこに差があるのか。

ただ一言でいえます…読んでいて胸が悪くなるかどうか。

孤児となった主人公(小さい子供)を徹底的に苦しめる、その悲惨を丁寧に描いたヒット作。
同じく孤児となった少年に、上と比べれば天国のような暮らしをさせた僕の作品。
それが差…

要するに、読者に嫌な思いをさせるほど売れるのが現実。

だとしたら、小説の才能なんてくそくらえと言いたいです。

小説を書き始めたこと自体が間違いなんだ、と昔の自分に言うべきでしょう。
二度目の…小学校の時物理学を研究すると決めた時に次ぐ。

18

日本の運命は決まったといっていいのでしょうか。

自民党が半永久的に政権を担い続けることは、まず間違いないでしょう。
それですべてよくなるとはとても思えません。

そして自民党には、戦前回帰・権威主義という危険性があります。
それを除いても、新しい時代に対応できる政党とは思えません。

なにもできることはない、特高警察に拷問される地獄以外の行き先はない?

そして世界史全体は、流れは、どこに向かっているのでしょう。
将来の世界史教科書…あるとしてもないとしても…には、どう書かれるのでしょう。

やはり、民主主義・自由・人権の退潮、権威主義から一般人排除の時代の始まり、となるのでしょうか。

17

トルコで結局、大統領の権力が強まる…

トランプ大統領の当選といい、新しい時代には、自由・人権・民主主義とは反する方向になるのが流れなのでは。

歴史がどこに流れるか…自由・人権・民主主義とは反する方向に流れるのが、今のどうしようもない潮流なのでは。

ではなぜでしょう?

16

「メディアの中の忍者」の歴史とは?
意外なほど知りません。

真田十勇士…講談の歴史。
歴史小説、それも大衆性が強い作品の歴史。
漫画史の中の忍者もの。
映画史の中の忍者。

テレビドラマ史…アメリカンコミック史…

様々な歴史を横断してみなければなりません。

15

民進党はなぜ、支持されるようなことは何もせず、支持されなくなることばかりやるのでしょう。

商店街の店だとしたら、ありえないことです…売れなければ儲からず、別の店にさらに売り上げを奪われ、つぶされます。
民進党はそれが絶対にないと確信しているのです。
一人の客も入らなくても、店をずっと開けていられると。

絶対の固定客が十分にあるのでしょうか。

それとも、新しい店ができることが絶対にないと、法律に匹敵するほど確信できている…
そうだとしたら、それは「やくざが新店を絶対に許さない」または「腐敗した政府自体が、新店を絶対に許さない」となります。

問題は、それに文句をいう人が誰もいないことです。
日本人全員が、「新しい政党が生じ、民進党を叩き落して自民党に対抗する」可能性を一切考えない…文句すら言わない。

なぜ?

14

冤罪…「やっていないのに自供する」というのは、強姦の恐ろしさに似ていると思います。

強姦が魂の殺人と言われるのは、痛みや屈辱だけでなく、「自分が思い通りにならなかったこと」、体が反応してしまった自分が許せなくなる、自分と同居できなくなる、と聞いたことがあります。

記憶ではやっていないのにやったと認めサインしてしまった…
その自分と、一生同居しなければならない。
かなり似ていることでは。

抵抗を破壊する。心の奥底から服従させる。奴隷化する。
洗脳する。何を信じるかを書き換える。

おそらく人間にプリインストールされているアプリの一つです。

恐ろしくてなりません。

現実に、人間の相当部分…特に権威主義的な集団は、魂を徹底的に破壊され、蹂躙され、価値観を書き換えられるのは、当たり前であり当然の義務だと思っているのでは。
破壊されていない者こそ、幼子と同じ人間ではない化物。
破壊され、洗脳され、組織全体の価値観に骨の髄から服従している自分たちが「当たり前」。
上官が白と言えばカラスも黒、が「当たり前」。そうでない者は甘え切った、どれほど拷問しても足りない化物。

それは…個人主義を否定する権威主義は、自民党憲法改正草案の根幹です。

国民全員の魂をもう一度破壊し、何を信じるか、何を善とするか、何をしたか、全部書き換える。
それを根本に持つ人たちが、日本を支配している…そして別の選択肢、別の政党は、絶対にない。民進党は自壊しており、新しい政党は誰も言いだせない。

個人主義は、人権の根本です。その根本は、内心の自由。
そして、国家は、法は、権威主義は、内心の自由こそ絶対に認めないのです。

やったかどうか決めるのは、神である警察だ。警察がやったといえば記憶を書き換え、心の底から反省しろ。
内心の自由こそ、否定すべき個人主義なのです。

13

鉄道で痴漢と言われた人が、線路を走って逃げる事件が多く起きているとか。
これは、落としどころのない争いを作ってしまっています。

まず。
痴漢冤罪の残酷さは、もうすでに周知されました。
本当にやっていなくても、絶対に有罪にされると。最悪仕事を失い家庭が崩壊する、だから逃げるしかない…

何よりも、やっていないことをやったと認めてしまった…自分の弱さを知ることのおぞましさは、たとえようもありません。
どんな刑罰や家庭崩壊などより、自分と国家に対する無意識の信頼を失うことの残忍さは、筆舌に尽くせないものがあるのです。

警察も鉄道も、逃げることを許すことは、絶対にできません。

これまでの冤罪が多いシステムを謝罪し、改めることも絶対にできません。
警察の権威は絶対です。警察は神です。

だから、国家はこういうしかないのです。
「逃げたら重罪だ。実際にやっていないのなら、絶対の正義である警察は正しく無罪にしてくれる」
と。
それが嘘だと、どれほど皆がわかっていても。

それは、
「本当にやっていなくても、何が何でも絶対に認めさせる。警察が2+2=5だといえば、5だ。5だと心の底から認めさせることが、警察にはできる。何が真実かを決めるのはお前ではなく警察だ。
警察に有罪だと思われたら、運が悪いとあきらめろ。
逃げることは許さない。
法と警察が神であり、唯一絶対の正義であり、真実だ。
何が真実かを決めるのは、お前の記憶ではない。警察だ」
ということです。

それを男性全員に認めさせる。
やっていなくても、決めるのは警察だ、逃げることは重罪だ、と、心の底から認めさせる。警察に魂の底から服従させる。
「ふざけるな」と考えることさえ、絶対に許さない。

やっていなくてもあきらめろ、というのは、そういうことです。
人間の尊厳など、警察の、国家の権威の前には無に等しいということです。

警察が…そして検察と裁判所が、真実の最終裁定者であり、道徳の決定者であり、神であることを譲ることは、決してできない。

この「鉄道を利用する男性すべて」と「国家・警察」の争いに、落としどころはあるでしょうか。

男性すべての完全な屈服以外にあり得ません。

国家にはそれが可能です。国家は国民をいくらでも破壊し洗脳できます。
馬を鹿と、黒を白と、2+2を5とできるのです。

12

将来。核融合などが可能になっている。スペースコロニーや大型宇宙船。

人工光で農場を照らして農業をするより、電力でアンモニア・水素・メタノールなどを合成し、それで生活する微生物を育て、その栄養で…
と考えています。

それは確かに、家畜を育てたりその細胞を培養することはできるでしょう。
でも、でんぷん・ブドウ糖が得られません。

人類の体は、ブドウ糖を脂肪にするのは得意ですが、脂肪からブドウ糖を作ることはできません。

それで頭をひねっていましたが、現実に今、多くの寄生植物がいます。
植物に寄生して育つ植物があるなら、栄養素を大量に含む液を注げばすぐ育ち、でんぷんを豊富に含む植物は遺伝子改良で容易に作れるでしょう。

稲・コムギ・ジャガイモなどをそんな性質にするのは至難かもしれませんが。

11

小さい人力の都市移動車を、できるだけ多くの人が考えるべきです。

飛行機の荷物基準、三辺合計115cm最大55p・10キロの基準を満たす、と。あと背負って運べること。

折りたたみ自転車では辛いです。
スケボーやキックボードを小型化したものも。

さらに、老人用の補助歩行具も。
歩くのがつらい老人が、気軽に移動できるように。

10

今年の、特に関東で桜が咲いた土日に雨が降ることが多いのは、経済にどの程度の打撃になったのでしょう。

悪天候一つが、とんでもない打撃になることがある…

9

古代における最善の政治制度は何でしょう。

郡県制にしたら、割拠になる。
皇族に力を与えれば八王の乱、力を与えなかった魏は司馬家に簒奪された。

交通の弱さ・多様な地勢という制約条件の中、何が最善なのでしょう。

また、最善の農業所有制度は何でしょう。

本来多様性がある土地に、大規模で採算至上主義の単一栽培をし…過剰肥料による死の海、土壌損失を生む、超大規模機械化農業。

単作で奴隷状態のため、熱意も知識も蓄積されず土壌も疲弊するプランテーション。

結果的には大虐殺と効率低下に陥った集団農場。

単位面積当たりの生産力は史上空前、でも機会と肥料に多額の借金を負う、日本式兼業コメ農家。

分割相続でますます貧困になり、農業の技術すら失っていく、アフリカ紛争地帯の分割家族自営業…

人間の本性を考えると大集団ではモラルが壊れる。でも農地を個人や少人数家族に任せたら、規模的に経営できない。
どの人数をどんな形で結び付けたシステムが、農業には最適なのでしょう。

8

イギリス、ロシア、そしてスウェーデンでも…

どうしてこれほどテロが多い時代になったのでしょう。

そして、テロに対抗するのに、本当に対テロ…共謀罪しかないのでしょうか。

反対するにしても賛成するにしても、きちんと条文は読むべきだと思います。

特に官憲性善説と官憲性悪説、「パヨクが反対しているから絶対に害はない」と「読む必要はない」の争いは見ていられません。
もう議論も何もありません。

何をすればテロは減るのでしょうか。

そしてスウェーデンがやられるということは、日本もいつ…

7

トランプアメリカ大統領がシリア攻撃。

…シリアはこれ以上、どう悪くなるというのでしょう。

そして、なにをすれば少しでも良くなるのでしょう。

何一つ希望がない…だからこそトランプをはじめとする、そういう指導者が選ばれてしまう…

先にロシアが、やりましたね。
希望が何もないからこそ、盤石の独裁者が民主的に選ばれる…

6

膨大な人間が発売日を待ち望む。
発売日には長蛇の列。
発売されたら、世界を変える。

そんな商品は、もう何年前が最後でしょう。
「i」がつく…ポッド、パッド、フォン…それらが最後では?

10年前と今とで、どう生活が変わったでしょう。
スマホが完成して以来何年も、何の変化もありません。

百年後も、多くの成人男性は羊毛スーツを着てスマホをいじっているのでは…脳直結でもメガネでもなく。

5

古代ギリシャの戦術ファランクスが、「両手盾と両手槍二人一組を単位」だったらどうなっていたでしょう。

また、第一次大戦の機関銃地獄…何人かで、分厚い鉄盾を持たなかったのはなぜでしょう。無論重砲にはかないませんが。

そうそう、古代ローマの、長槍と弓矢を事実上捨てる選択も面白いです。

4

レジの前で、払う金額が出てから小銭入れを見ておつりが出ないように計算する…
考えてみると結構な時間を使っていて、ある意味営業妨害でもあるのです。

コインカウンターが信頼できるなら、店員による「****円お預かりします」なしに、直接コインカウンターに小銭入れの中身を全部流し込んでしまった方が、早いのでは?

それをしたら何かサービスになるとかがあれば…

3

「プラネタリー・ディフェンス・カンファレンス」が開かれるそうです。

人類の存続を考えている人もいる。
それが無性にうれしいです。

2

水と小麦粉だけで、サワードウを維持し続けられる全自動ベーカリーマシンは無理でしょうか?

というか、サワードウって保存はできないんでしょうか。
冷凍も乾燥もダメとしたら、困ったものです。

といっても今の人類は、あると思われる種数から見ればごくわずかな微生物しか長期保存・培養ができなかったりしますが。

1

新自由主義と社会民主主義の対立構造が起きない…
新自由主義が勝利し、さらに排外極右が勝ってしまう。

それが、近年の政治の流れでは。世界全体で。

リベラルが新自由主義を取り込みすぎて、国民に嫌われ排外極右しか対抗者がない、それが定着してしまっています。

日本では自民一強が完成…
民進党の支持基盤は連合であり、多数を占める非正規層にとっては敵。

非正規層のための政党は存在しない…

世界全体で、日本の非正規層など没落中層のためのまともな左派が、どうしても登場できない。政党も思想も。