枕元の計算用紙

ホーム

1999年7月 8月 9月 10月 11月 12月
2000年1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2001年1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2002年1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2003年1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2004年1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2005年1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2006年1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2007年1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2008年1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年1月

2018年2月

1日 2日 3日 4日 5日 6日 7日 8日 9日 10日 11日 12日 13日 14日 15日 16日 17日 18日 19日 20日 21日 22日 23日 24日 25日 26日 27日 28日 29日 30日 31日

22

江戸時代には、とても多くの人間がある意味終身刑のような生活でした。

上は将軍から、養子の口がなかった部屋住み三男、下がどれだけ多様にいたか想像もできません。

徳川慶喜の、四十年以上の無為も、当たり前なのかもしれません。

21

ちょっとした数学の問題。

「一ヘクタールの、正方形の野原があります。
そこがあなたのトイレとして用意されています。あなたは一日一回、穴を掘って出して埋めます。
どう掘れば、一番汚くない…『昨日埋めた所より遠く、日数が近いところより遠くなる』でしょう」

むしろこの問題を、どう明確にするかの方が問題です。

20

水に、鉄粉を混ぜたもの…
それがいろいろと使われていないのが不思議です。

たとえば、羽のような可動部構造のないポンプを作ることができそうです。
一つ一つが磁化され、プラスチックなどをくっつけて水と同じ密度にされた鉄の小さな塊を水に混ぜ、電磁力で引っ張ればつられて水全体に重力に逆らう流れができる…羽なしポンプにならないでしょうか?鉄粉はあとで、磁力で回収すればよしと。

また、鉄粉の混じった水を高速で流した発電機やモーターもできそうに思えます。

というか電気を流す海水は、スクリューではなく電磁気力を直接使う方が効率よく動力になりそうですが。

どれもそれほど不都合が大きいのでしょうか?

鉄粉だと錆びるならフェライト磁石の粉でも。
またさびにくい非鉄金属の粉でも、電気には反応します。

19

全体主義というものは、実質は「上の身分の者は、下の身分の者になにをしてもいい」に帰着します。
上の身分の者にとって、それ以上すばらしく、自然で、正しいものはないでしょう。

そして下の身分の者にとっても、それは自然でしょう。
人間にはすべて、人を奴隷化するプログラムと、奴隷化されるプログラムがプリインストールされていますから。

18

スリーパーセルがいる、が問題になっています。

そりゃいるでしょう。どこの国にも。
日本にも、在日朝鮮人だけでなく、中国からも、ロシアからも、アメリカからも、イギリスからもいるでしょう。
純血の日本人にもいるでしょう。

日本政府だって多分、他国に「草」を入れているでしょう。
それも日本人の血を引いていない、当地純血も含めて。

それを問題にしてしまったら、当然魔女狩りが起きます。
僕だってフランスのスリーパーセルでないことを証明することはできません。
子供の頃に親にもらった昔のフランス硬貨が押入れのどこかにあると思いますが、それが証拠だ、と言われたらどうしろと?まあプロに拷問されたら僕でも誰でもなんでも吐きますが。

絶対大丈夫な人以外拷問して殺す、だったら天皇陛下お一人しか残りません。

警戒したいなら、原発・水道など致命的な場の警戒を徹底すること。その中の二人ぐらいが工作員でもなんとかなるように。

あとは、公安警察の予算と権限を上げるしかできません。
ただし、予算と権限を上げたら、サディストがいてひどいことをするかもしれないし、見当違いのところに全資源をぶっこむかもしれないので、見張りの見張りも必要です。

あとはもう、コスト計算の問題です。
破壊工作はどれぐらいまで許容できるか。
また、それを防ぐための公安警察・施設警備の予算はどれぐらいまで上げられるか。
破壊工作のリスクと、魔女狩りのリスクはどちらが高いか。
そして憲法を改正する、または事実上無視して、たとえば公安警察に「令状も何もなく国民を拉致し、拷問し、無実でも殺して死体を処分する」権限を与えるか。

僕は個人的には、核テロがあり得る国か、あるいはなんの証拠もなく深夜に一家ごと拉致され目の前で二歳のわが子の拷問を見せつけられる国かを選べ、というなら迷わず前者を選びます。

さて日本人は、「核テロはあり得るけれど、拷問は絶対禁止」な国と、「何の証拠もなくても一家ごと消え、拷問される可能性がある国」ではどちらを選ぶんでしょう。

スリーパーセルを話題にするというのは、そういうことです。
魔女狩りのリスクと、暗部の予算を増やし無実の拷問を容認するリスク。
話題にしない方がいいですね。

17

ガンダムはすぐに多数の砲がくっつきますね。

ZZを作る資源があるなら、30メートルとかの特大で、その分エンジンも強力でスピードもあり重装甲で運動性も高い、武器は肩の大口径砲と手の高連射速度ビームマシンガン、両手のサーベルだけ…というのはないのでしょうかね。
ファンネルなしで、G・Oとνガンダムの路線、というか。

16

現代工業文明は、多様な資源が必要でしかもその資源が分散しているのが特徴です。

特に熱帯農産物であるゴム・アブラヤシ・コーヒー・ココア・バナナ・サトウキビ。スパイスも今も重要ですし、カイガラムシの類も。
それと、温帯の小麦・トウモロコシの両方がなければ……温帯と熱帯の両方を支配していなければ、文明を維持できません。

製鉄の鉄鉱石・石炭・石灰石は割と入手しやすいですが、それ以外がまた大変です。銅、亜鉛、スズ、水銀……
一時は氷晶石という、グリーンランドの資源がアルミニウム精錬に決定的に重要になりました。
まして現代となれば、さまざまな希土類元素すら必要になります。

かつてはチリ硝石やグアノも重大でした。それはハーバー・ボッシュ法で解決されましたが、他の資源が同じようになる希望はほとんどありません。ああ、サトウキビはサトウダイコンで代替できますが……

何よりも石油。

…よくソ連はあれほど頑張れたものです、熱帯とのアクセスが断たれていたのに。

そう考えると、なぜソ連がどんなことをしてもイランを取らなかったのかが不思議です。

15

粉を固めるタイプのポテトチップスを、10枚ほど重ねて固め、個別包装した菓子ってないんでしょうか。
あと、半径3センチ・厚さ5ミリぐらいの、個別包装のビスケットも。

食べごたえがあって、個別包装で湿気の心配がない…それが多数入ったお徳用。
これがあれば一番都合がいいです。

14

そこらの普通の人ばかりランダムに一千万人、「団地・上下水道」「工場」「田畑」「全資源の豊富な鉱山」「今ある本全部」が全部そろった……気候的にも南北に広くゴム・アブラヤシ・コーヒーから膨大なトウモロコシ・水田稲作まで可能……地球に似た星に移してやったら、完全に失敗する可能性が高いのでは?
人間は支配するノウハウがあり、それがなければ社会を構成することができないのでは?

完全に新しい地に行って、一番成功度が高いのが北アメリカおよびオーストラリアのイギリス系。
一番ひどい失敗がアフリカ西海岸の黒人国家。

何が違うのでしょう。

13

独身の増加で、多分需要があるであろう品。
「洗濯機持ち上げ機器(レンタル)」

洗濯機は、一人では持ち上がりません。
でも大掃除などで持ち上げたいときもあります。

12

憲法改正議論で、まともな人間は排除されています。
戦中に戻すか、一字一句変えないか。
どちらかしかいません。

日本国民の大半はどちらでもないと思います。
軍で国を守るのは当然。征服はすべきではない。人権は尊重すべき。

でもそんな勢力はありません。
そんな国民の代表はいません。論壇にも政界にも。

ネットを見ると日本は二つのタコツボ以外ないように見えます。

安倍政権のすることはすべて正しく、批判するマスメディアは全部嘘を言っている、という人々。
安倍政権のすることはすべて悪であり、擁護するマスメディアはフェイクニュースやヘイトスピーチだ、という人々。

中間が見られないのです。

帰省

8

民主主義・貴族制度・独裁…ギリシャ以外政治思想を独占する三体。

でもそれ以外の政治システムは、実行されたものも考えられるものも多くあります。

中国は独裁に似ていますがまったく違うでしょう。
日本の江戸時代も、どれとも違う面が大きいです。
そして日本の戦時中の、『空気』至上主義もギリシャの三体どれにも属さないものです。

神権性、エクスタシー状態を経験したシャーマンの全権も広くおこなわれました。
中南米帝国の歴史にはいろいろあるでしょう。

イスラム以前の中東やインドには、いくつも様々なシステムの大国があります。

民主主義は愚民が心配、ならくじ引きで一定期間全権なら、高い確率で平凡な君主が一定期間治めることになります。

7

最近、女性が「気に入らない男に告白される」それ自体が、セクハラ同様のハラスメントだ、というそうです。
女性は自分に好意を持つ男性に、とても強い嫌悪感を持つことがしばしばあります。

人間には、多少外見を飾っても、礼儀正しくふるまっても、魂レベルで嫌悪感しか感じられない者がいるようです。
女性に良心があってもなくても、それこそ気持ち悪い側は存在自体が、生まれてきたこと自体が両方にとって不幸です。

魂が気持ち悪いなら、小学校に上がる前に検査して安楽死処分した方が本人にとっても誰にとっても幸せなのでは…とも思えてしまいます。

6

ゴルデロックス経済とも言われていたのが、電子マネーの急落から株価も急落。

これは、何度も経験した急速な不況の始まりでしょうか。

これまで安倍政権やトランプ政権が割と評価が高いのは、株だけだと思いますが好景気に支えられている面が大きいようです。
半面、リーマンショックがアメリカのオバマ政権、日本の民主党政権を最悪の政権と記憶させている面もあります。

経済がそれを左右する、しかもそれは制御できない偶然だとしたら…それこそ政治とは何でしょう。

5

「スター・トレック」級=貨幣が無意味な規模の経済と、普通の経済の星間国家の経済接触はどんな結果を産むでしょう。

それを言うなら、銀河英雄伝説での、帝国・フェザーン・同盟の統合自体が、東西ドイツ統合どころか南北朝鮮統一以上に無茶です。

4

老親向けの電化製品…

画面が大きく文字が大きい、部品分離がない、タッチパネルで選曲できて、USBメモリをさしこめるスピーカー内臓・乾電池かコンセントで給電できるMP3プレイヤー。

他にも、「老人が使える」電化製品はすさまじい需要…必要も、かけられる金額も大きいはずです。
なのに極端にないのです。

大きいボタンの、家庭用ゲーム機タイプのコントローラーで使えるインターネット接続機も。

音声電話で注文できるネット通販システムも…これはスマートスピーカーで実現されたでしょうか?

3

資本主義も共産主義も格差が拡大します。

格差が拡大したら社会制度はどうなるか。
わかりきった、歴史の常識問題レベルの答えがあるじゃないですか…アウグストゥス、帝政。

まあ今後の世界は、人工知能と遺伝子という問題が…遺伝子でもサイボーグでも、金持ちが我が子を天才にできる、という。

それがなくても成功した金持ちは知能が高く、知能は遺伝するので教育が完全平等でも格差は拡大する、という不都合な真実がありますが。

なぜ世界では、正式な身分国家は少ないのでしょう。

またなぜ明治日本は、完全に身分国家にしなかったのでしょう。
それでは不平等条約が改正できない?でもイギリスにも貴族政がありますが?
そしてあのまま第二次世界大戦でうまく立ち回って帝国を維持し、植民地があり、地主と小作人の身分があったままなら、いっそ身分制度の方が安定する…となった可能性も大きいのでは?

というか市場原理主義者たちは、なぜ格差拡大・固定から帝政という歴史の常を見ないのでしょう。
特にアメリカで、ここまで格差が拡大したしどうせ人種というものはあるんだから、きっぱりと貴族政にしよう、という人もなぜいないのか…トランプ政権が八年続いたら帝政になって貴族もできるでしょうか。

2

自民党はずっと一強でも腐敗しないのでしょうか?

逆に五年もあってもりかけスパだけというのもすごいのですが。
少なくともまだ、警官に賄賂を要求されたことはないです。

また、官僚不信はどこに行ったのでしょう。圧倒的な民主党憎悪の前に消し飛んだのでしょうか。

…考えてみますと、完全に一党制なら「票目当ての買収」はありえないですね。
勝ちが決まっている小選挙区制なら、有権者に金品を渡す必要はない…

1

今の時代。
不満を持つ人が、利益を得られる投票先がない。

本来、新自由主義・グローバリズムで収入が下がり、希望が無くなった人たちはどんな主張をするべきでしょうか。
市場原理主義・純粋な資本主義では負け組になることがはっきりした人は、資本主義を否定すべきでしょう。

現実はゆがんだ形になります…世界では極右、日本では自民党が支持されるのです。

本来、苦しい人が支持すべきなのは何でしょうか。
どんな思想・政党が躍進すれば、苦しい人にとって利益になるのでしょうか。

社会主義・共産主義は間違っている。それは確かでしょう。
でも、だからといって市場主義に投票しても大半の人は生活水準は低いままです。
もちろん、極右に投票して、それで没落していく貧困層は豊かになるでしょうか?

ここで、市場原理主義でも、社会共産主義でもない道がないのです。
極右や自民党以外。
まあアメリカの保守は事実上市場原理主義ですので論外。

市場原理主義でも、社会共産主義でもない、第三の道…いや、「第三の道」という言葉ももう使われ、事実上失敗しています。それとも違う。
新しい時代の技術や産業構造で、高い収入・収入が上がっていく希望、職そのものを得られない人の利益になる新しい思想・政党。
それが絶対に出てこないのです。

日本では自民党がそれ…没落中層の利益になる、と思う人は皆無でしょう。
しかし氷河期非正規・シャッター街の主たちの利益を訴える政党は皆無…パヨクか改革しか見当たりません。

日本でも、世界でも、正しい第三の道が、今の市場・金融の資本主義で損をする層のための思想も政党も絶対に出ない。

また今は、理想主義に対する強烈な憎悪が感じられます。

オバマ、日本の民主党のような、「民主的に選ばれた理想主義的政権」に対する強烈な憎悪。
将来を悲観しているのに、代案を模索せず体制にただ服従する。
極右以外の投票先がない。

とことんまで、いかなる希望もない…